お問合わせへ

リモートイベント

セミナーや総会、コンサートなど大切なイベントのリモート開催をサポートします。
最適なリモート環境のご提案や周辺ノウハウの提供なども行います。
新しい時代における新しいイベントのカタチ、ぜひご相談ください。

リモートイベントメニュー

  • セミナー/講演会
    セミナー/講演会

    リモートイベントの代表ともいえるWebセミナー。単純な録画動画の配信からWeb会議ソフトを用いたリアルタイムかつ双方向発信ができるシンポジウムまで様々なスタイルに対応します。 また、配布資料の作成や開催までの案内や集計など事務局代行もお引き受けします。

  • 総会
    総会

    企業や団体の総会や大会もリモート開催が可能です。例えばWeb会議ソフトを用いることで数百名単位のイベントにも対応。 スムーズな進行やダイナミックスな展開をサポートする進行管理や会期中に用いるプレゼンテーション動画やアイコン・スクリーンセイバー等の素材制作もお任せください。

  • ライブコンサート
    ライブコンサート

    ミュージシャンやアーティストのライブコンサート配信もお任せください。リアル会場同様の舞台や照明を用いた演出から有料配信のスキーム提供までお引き受けします。


 ※その他、さまざまなリモートイベントに対応いたします。

リモートイベント実施にあたり

リモートイベントは2020年に普及した新しいイベントの形式であり、さまざまな可能性を秘めている分野であるともいえます。
同時に対面型イベントにはない独特のノウハウが必要とされる場面もあります。できる限り一方通行にならないように対策することが大切かもしれません。


視聴者の反応
カメラの向こうの視聴者(参加者)がリアクションできる状態にしてあげましょう。数多くある会議ソフトやシステムを使えば一定の反応を得ることができ、状況が許すことができればチャット機能を用いた質疑応答などの双方向コミュニケーションも可能です。
相手の環境に配慮
視聴者(参加者)はPCやスマホなどそれぞれの環境が異なります。いつもよりゆっくり話す、口や顔の動き・ジェスチャーなどを大きくするなどして「伝える」ことを意識しながら進めればリモートイベントへの不安や不満が解消される考えます。
視聴者同士の交流
リアルイベントでは会の開始前後に参加者同士の交流が期待でき、そこにイベントの魅力を感じることができる場合があります。リモートはこのような状況がありませんが例えば参加者名簿を共有する、Web会議ソフトで自己紹介の時間を設ける、SNSグループに招待するなどのフォローアップ体制を敷くことで視聴者(参加者)の満足度アップが期待できます。